全国の食・文化を発信 古民家レストランイベント

各地自治体様の店舗を使った広報活動を行ってきました。 我々のブランド力を使いながら関東圏でのPRを行うことで話題性を高めていきます。 弊社の開発した商品を店舗にてお披露目会の実施を行いプロモーションをかけていきます。 旧料亭、会員制クラブ、邸宅を改装した古民家レストラン、近年注目を集める地「神楽坂」に店舗を展開しております。 それぞれコンセプトが異なる店舗を使ったプロモーションは、感度の高いターゲットに向けて有効的なプロモーションの実施が可能です。

<事例>

高知県×瓢箪坂おいしんぼ
「南国土佐 郷土の食」

実施日:2016年10月5日(水)
 クライアント:高知県

【プレスリリースより】 ~「瓢箪坂おいしんぼ」二周年記念「二周年なんだ土佐 高知の食と司牡丹を愉しむ会」~ 「瓢箪坂おいしんぼ」は2014年10月に神楽坂・白銀町に旧料亭を改装した昭和の懐かしさ溢れる空間で、旬の素材を使った味わい深い料理と遊び心溢れる和食とおもてなしをご堪能いただくお店として誕生。 以来、多くのお客様にご利用いただき、この度二周年を迎えます。 皆様に日頃のご愛顧への感謝を込めて、瓢箪坂おいしんぼでは「二周年なんだ土佐 高知の食と司牡丹を愉しむ会」を2016年10月5日(水)に開催いたします。 今回のテーマは「南国土佐」。 瓢箪坂おいしんぼの料理長が食の宝庫・高知県を旅し、様々な食材や郷土料理、生産者との出会いを体験、感じた思いを東京・神楽坂にて表現いたします。 当日は豪快に藁焼きすることで鰹の風味を存分に引き出す「鰹の藁焼き」や、人々が集まるテーブルには欠かせない「皿鉢料理」など高知の様々な郷土料理を提供し、料理長自ら旅の思いを表現。 また、南国土佐の銘酒「司牡丹」をはじめとする高知の地酒もご用意、地元企業の皆様にもご協力いただき、様々な楽しい演出もご用意しております。 南国土佐と東京・神楽坂を皆様のご縁で結ぶ夜。 二周年の感謝の思いを南国土佐のうまいもんで紡ぐ夜を、瓢箪坂おいしんぼでお愉しみください. 高知の銘酒「司牡丹」 慶昔から変わらない、辛口でありながら爽やかな飲み口、香り豊かな味わいが今もなお、高知の銘酒として人々に愛され続けている「司牡丹」の酒蔵様を当日お招きし「司牡丹」の銘酒の数々を飲み放題でお客様にお愉しみいただきました。 高知のうまいもんをご堪能 高知の郷土料理と言えば“皿鉢料理"。人が集まるテーブルには欠かせない存在です。 旬の美味しいものが大皿に盛られ、お酒を飲む人も飲まない人も楽しめる造りになっています。 当日は高知の食材をふんだんに使い、高知のうまいもんをとことん皆様に愉しんで頂きました。 玄関にて高知のうまいもんを販売 瓢箪坂おいしんぼの料理長が食の宝庫・高知県を旅し、見つけてきた高知の名産品を玄関にて販売、お土産に購入されるお客様も多く、好評を博しております。

熊本県×神楽坂四店舗
「食材首都圏広報活動イベント」

実施日:2017年3月6日(月)
 クライアント:熊本県天草市

企画詳細 熊本県東京事務所の首都圏広報活動の一環として、熊本県天草の食、伝統芸能を熊本県東京事務所の首都圏広報活動の一環として、熊本県天草の食、伝統芸能をPRするイベント。 神楽坂にて、熊本県天草の様々な魅力を皆様にお届け。 うまか「食」は、料理長自ら天草に出向き見つけた食材を厳選、「ぶり」や「うつぼ」、「こはだ」など天草の食材を食べつくすほどの料理の数々と熊本県天草のたのしか「伝統芸能」である「牛深ハイヤ」の踊り子さんによるパフォーマンスなどを披露しました。 熊本県天草市役所、天草宝島物産公社の全面協力のもと、天草の食、伝統芸能の魅力をより多くの方に知って頂き、熊本県の認知拡大に貢献したいと考えております。 「くまモン」も神楽坂久露葉亭に駆けつけ、皆様をお出迎え致します。 (2)レポート 18時30分より開場し、くまモンにより写真撮影会から実施しました。 皆さまくまモンの登場に感激した様子、ひとりひとり記念写真を撮ってそれぞれの席につきます。 19時に「鏡開き」を実施、今回は1階2階と同時に鏡開きを行います。 天草のPRコメントを頂戴して「乾杯」へと移りました。 「よいしょ よいしょ よいしょ」の掛け声と共に天草祭がスタート致しました。 19時30分より東京牛深ハイヤの会による「牛深ハイヤ」の演舞を開始、生で見る迫力ある演舞に皆様驚きと共に大いに楽しんで頂きました。 宴中には、各席に天草の方々が食材や天草について説明して廻りお客様も興味深く話を聞いている場面を見かけました。 その後、プレゼント抽選会を実施しました。 くまモンノベルティグッズ、高浜焼、瑞鷹日本酒のプレゼントに皆様大変喜ばれ抽選会は大盛況に終わりました。 食に関しては「コース形式」で提供、次から次へと出てくる天草の料理に皆様大満足の様子でした。天草大王の大きさと味、天草黒牛のとろけるような旨味、緋扇貝の色鮮やかさと身の大きさやぶりしゃぶしゃぶのさっぱりとした臭みのない味わいに会話も弾み終始料理を楽しんで頂けたと思います。 また、〆「小肌のバッテラ」「だご汁」、甘味の「赤酒プリン」まで残すことなく食べて頂いたことから、食材の美味しさに満足されていたと思います。 飲み物に関しては「瑞鷹の日本酒」、「食の天草にじ」を提供しました。 「手絞りで作る晩柑ジュース」に大変驚いていた様子です。 中締めとして、各関係者様のご挨拶を頂き会は閉幕となりました。

(3)結果 当日のお客様は満席となりました。 予約状況としては、3月6日のメディア試食会前まで約半数の予約があり試食会後に60名まで埋まる形となりました。

熊本県×神楽坂久露葉亭
「食、酒、伝統芸能」

実施日:2017年3月17日(金)
 クライアント:熊本県天草市

企画詳細 熊本県東京事務所の首都圏広報活動の一環として、熊本県天草の食、伝統芸能を熊本県東京事務所の首都圏広報活動の一環として、熊本県天草の食、伝統芸能をPRするイベント。 神楽坂にて、熊本県天草の様々な魅力を皆様にお届け。 うまか「食」は、料理長自ら天草に出向き見つけた食材を厳選、「ぶり」や「うつぼ」、「こはだ」など天草の食材を食べつくすほどの料理の数々と熊本県天草のたのしか「伝統芸能」である「牛深ハイヤ」の踊り子さんによるパフォーマンスなどを披露しました。 熊本県天草市役所、天草宝島物産公社の全面協力のもと、天草の食、伝統芸能の魅力をより多くの方に知って頂き、熊本県の認知拡大に貢献したいと考えております。 「くまモン」も神楽坂久露葉亭に駆けつけ、皆様をお出迎え致します。 (2)レポート 18時30分より開場し、くまモンにより写真撮影会から実施しました。皆さまくまモンの登場に感激した様子、ひとりひとり記念写真を撮ってそれぞれの席につきます。 19時に「鏡開き」を実施、今回は1階2階と同時に鏡開きを行います。 1階では、株式会社ANA総合研究所 主席研究員 平塚様、限会社 天慎 代表取締役 林田様、食の天草にじ 代表 本田様による鏡開きを実施、2階は、天草宝島物産公社 事務局長 中村様、鷹株式会社 専務取締役 吉村様、株式会社僖成 代表取締役 齊藤の3名による鏡開きを行いそれぞれ天草のPRコメントを頂戴して「乾杯」へと移りました。 乾杯は、1階は熊本県東京事務所 課長 堀様、2階は有限会社天慎 専務取締役 林田様より「よいしょ よいしょ よいしょ」の掛け声と共に天草祭がスタート致しました。 19時30分より東京牛深ハイヤの会による「牛深ハイヤ」の演舞を開始、生で見る迫力ある演舞に皆様驚きと共に大いに楽しんで頂きました。 その後20時より、1階廊下にて「牛深ハイヤ」の演舞を行い非常に狭い空間で行って頂きましたが、それがまた迫力となり1階のお客様も大変喜ばれておりました。 宴中には、各席に天草の方々が食材や天草について説明して廻りお客様も興味深く話を聞いている場面を見かけました。 20時30分には、熊本銀座館様、高浜焼様、瑞鷹様からのプレゼント抽選会を実施しました。 くまモンノベルティグッズ、高浜焼、瑞鷹日本酒のプレゼントに皆様大変喜ばれ抽選会は大盛況に終わりました。 食に関しては「コース形式」で提供、次から次へと出てくる天草の料理に皆様大満足の様子でした。 天草大王の大きさと味、天草黒牛のとろけるような旨味、緋扇貝の色鮮やかさと身の大きさやぶりしゃぶしゃぶのさっぱりとした臭みのない味わいに会話も弾み終始料理を楽しんで頂けたと思います。 また、〆「小肌のバッテラ」「だご汁」に関しては、天慎の女将さん自ら説明して頂き会を盛り上げて頂きました。皆さま甘味の「赤酒プリン」まで残すことなく食べて頂いたことから、食材の美味しさに満足されていたと思います。 飲み物に関しては「瑞鷹の日本酒」、「食の天草にじ」を提供しました。 「手絞りで作る晩柑ジュース」に大変驚いていた様子です。 中締めとして、階 有限会社瑞鷹赤酒東京店 取締役支配人 吉竹様、2階 熊本県東京事務所 参事 森下様よりご挨拶を頂き会は閉幕となりました。 (3)結果 当日のお客様は60名満席となりました。 予約状況としては、3月6日のメディア試食会前まで約半数の予約があり試食会後に60名まで埋まる形となりました。